夜のガスパール

ー米国NP取得を目指す現役ナースの記録ー

October Goals と呟き

 

October て聞くと

Octopus が頭に出て来る

なんとなく響き似てる

 

ちなみに私がビートルズで一番好きなのが

Octopus's Garden  

超かわいい曲 🐙

 

 

 

 

💡10月の目標

 

留学

・エッセイ進める

・TOEFL TPO 解き進める

(今月TOEFL受験するかどうかはエッセイとの兼ね合い次第)

・出願プラン再検討する

 

 

看護

・PCPS勉強

 

 

生活

・早起き継続

・引っ越しに向けて計画的に荷造り

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

やりたいことが沢山ありすぎて

結局なんにも手がつかない

ということに陥ってしまうと

時間の無駄

 

 

特に身近にいる人や親などは

いろんな心配や口出しをしてくる

 

 

結婚がどうとか年齢がどうとかお金がどうとか

 

 

勉強そのもののことよりも

女性としての心配、生活の心配

(その心配を最もしているのは他でもない自分なのに。)

 

 

それによって迷いが生じると

目の前のことがストップしてしまう

 

 

 

だけど

周りの人の心配シャワーを浴びて

ぶれるってこと自体

 

 

おかしいよなって思う

 

 

きっと反対や心配をする人は

どこまでいっても何をするにも

いるもので

 

 

私がアメリカで

看護の留学をしている最中に

音楽の留学に切り替えようと思う

と言って

 

 

ジャズピアノの道へ方向転換する時も(空想です)

 

ほぼみんな反対するし心配するんだろう

 

 

せっかくお金と時間かけて

アメリカの看護師になろうとしているのに

もったいないよ、とか、

 

音楽はお金になるかどうかわからないよ、とか

アメリカでジャズやるなんて相当才能ないと続けられないよ、とか

 

日本に帰ってきてからどうするの、とか

 

 

 

だけど、家族だとか仕事だとか使命感だとか

私と繋がっている全ての大切な人やものが

目の前から消えた時に

 

誰のためでも

どこの社会のためでもなく

 

私は本当に何をし続けるだろうと考えたら

 

 

やはり私は

ピアノをやるだろうと思うし

 

 

その時

看護師のキャリアがどうこうとか

私には関係ないと思う

 

 

 

 

今はそこまでの域に達することはできないけど

 

 

そのくらいの勢いで

何をするのにも

自分の意思を大切にしている

 

 

 

実際

京都の大学にいたとき

 

看護学科を目指すため

(というか行きたい大学に行くため)

に仮面浪人をしている、と言うと

 

周りの人はほぼ反対・心配をしたし

誰もが無理だと言うし

 

そういう心配シャワーを浴びること自体が

迷惑で面倒で

 

自分はできる、と確信しかしていないところに

そんなシャワーは必要なくて

 

ひたすら自分の意思と努力だけを信じていました

 

 

 

 

 

留学の準備だって同じ

 

 

 

着実に前に進んでいるから

自分を信じるのと

 

目の前のことに

集中するのと

 

周りの人のアドバイスを

素直に取り入れるけれど

 

 

 

 

最後は

自分の意思に

忠実に選択する

 

 

 

 

 

ということを

忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

思い返せば

どんな時でも

ただひたすら前向きにしか

アドバイスをしない人は

私の人生で

 

父親と今の彼氏

 

くらいかも。

 

 

 

🐙 🐙 

 

 

 

 

✴︎ 夜๑ガスパール

 

クリックお願いします☆

please pochi ⤵︎ 

Twitter (@gaspardnight)

Instagram (@out.overtone)